審査に大苦戦、12回目の受験で限定解除に合格

kanemochi8 | 01/28/2014 | COMMENTS:Comments Closed

今や大型バイクの免許は、教習所で誰でも簡単に取得することができます。
しかし、25年前に私が取得したときは、それはもう大変のひと言でした。

試験場でしか取ることができず、鬼のような厳しい試験官に、ダメ出しを食らうこと11回。
当時、都内の鮫洲運転免許試験場で取得しましたが、実に半年もかかりました。
6カ月間有効な事前審査の期間内ギリギリでした。

確かに当時19歳の若者に、簡単に限定解除の免許を与えるわけがなく、修行と思っていました。
1~10回目の受験では完走することすらできず、11回目で気の毒に思った試験官が完走させてくれました。

合格当日は朝から雨が降る悪コンディションでした。
急制動時には若干、ふら付いたものの、なんとか立て直しました。

まさか合格するとは思わず、自分の受験番号のランプがついたときは、思わず涙が出てきました。

このときの受験生は、50人弱で合格したのは自分を含めて6人でしたが、そのうち4人が交通機動隊の隊員です。

実質、46人中、審査に合格したのは2人という厳しいものでした。

Category: 未分類

Comments are closed.